HOME | 防錆技術

 防錆技術 錆を防ぐ
防錆紙に含浸されている防錆剤が、徐々に気化し、防錆紙に包み込まれた鉄の周囲を防錆剤が充満します。そして鉄の表面に付着している水分に、防錆剤が溶解し、防錆皮膜を形成します。この防錆皮膜が水・酸素を遮断、鉄の表面を保護して鉄を防錆します

 

錆はどんな状況で発生するのか

鉄は元々、鉄鉱石の形で酸素、水素の化合物として、自然界に安定した形で存在します。それを人間が精錬し、不安定な状態の鉄にするため、鉄は再び安定した状態の化合物に戻ろうとします。錆とはその化合物を言うのです。
錆の進行には、「酸素」と「水分」が不可欠です。湿度や温度の影響も受けながら、空気中の水分が鉄の表面に付着(結露)し、空気中の酸素により酸化されて、錆の発生が始まります。錆の進行速度は、相対湿度60%RHで増大すると言われています。
 

防錆とは、錆が発生する金属(鉄・銅・ステンレス・銀など、金以外のほとんどの金属)を錆から守るための技術です。

 

気化性防錆はどういう仕組で働くか

防錆紙に含浸されている防錆剤が、徐々に気化し、防錆紙に包み込まれた鉄の周囲を防錆剤が充満します。
 
気化性防錆梱包紙防錆剤には気化性があり、気化性防錆液を含浸させた気化性防錆紙で密封梱包された金属製品の表面に防錆剤の気化した防錆ガスが付着し、防錆皮膜を形成し製品を錆から守ります
 

 

どんな防錆包装材があるのか?

堀富商工では、中性から弱アルカリ性域ph値の中性クラフト紙に、気化性防錆液を含浸させた防錆紙を製造しています。防錆紙には、鉄用、非鉄金属、銅用があり、用途に合わせて最適の防錆紙をお選び頂けます。