HOME | 新型コロナウイルス感染拡大防止に関する対応について

新型コロナウイルス感染拡大防止に関する対応について

2020年4月9日

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴う『緊急事態宣言』が、4月7日に日本政府より発令されました。当社は御客様と従業員の安全確保と、当社製品の安定供給に努めるため、下記の対応を実施しています。

 当社の感染予防対策

【2020年2月20日以降】
海外出張の禁止
【2020年3月 2日以降】
感染拡大地域(北海道・東京・千葉・名古屋・和歌山)への不要不急の出張の禁止
全ての営業担当者に消毒液ボトルを配布、顧客営業訪問前後の手指消毒を義務付け
【2020年3月 9日以降】
会議室 応接室使用時の扉解放。社員食堂使用制限。事務所内共有箇所の消毒実施(3/日)
【2020年3月30日以降】
全従業員の自動車出勤実施(公共交通機関にる通勤の禁止)
【2020年4月 6日以降】
事務所における各デスクの半個室化工事実施(従業員同士の飛沫感染予防対策として)
会議室 応接室の使用全面禁止。屋外に吹き曝しミーティングルーム開設、運用開始
【2020年4月 7日以降】
石津工場内に微酸性電解水生成装置の設置作業完了。
全従業員家庭用に消毒液を配布(各家庭での感染予防対策励行)
【2020年4月 9日以降】
全従業員に対し出勤時に非接触型体温計での発熱を確認と記録
全従業員に対しマスク配布を開始

 

 当社の事業継続計画

現在当社工場は、3シフト24時間にて稼働しています。
ラミネートオペレーター、ワインダーオペレーターにコロナウイルス感染者(又は濃厚接触者)が発生した場合、該当シフト班は14日間の出勤停止とし、他2シフト班の残業体制にて業務を遅滞なく継続します。
ラミネート工程、ワインダー工程は物理的距離があり、両工程作業者が作業上濃厚接触することはありません。
万が一工場全体にコロナウイルス感染が発生した場合は、工場全箇所を微酸性電解水にて消毒のうえ、(該当工場が大阪の場合はいわきから、いわきの場合は大阪から)
ラミネート、ワインダーオペレーター、生産管理担当者、品質管理担当者等、製造に必要な人員が移動し、製造を継続します。
※上記は現時点での対策であり、今後の状況を踏まえて適宜見直します。
以 上